2018年8月26日「平和への思いを語る会」を開催

2018年8月26日に行われた「平和への思いを語る会」では、原爆被災者の会・福島富子さんの話(NPT会議での見聞きしたこと、実践したこと、ICANのノーベル平和賞受賞式に参加しての経験)などと参加者で戦時体験や平和への思いを語り合いました。ミニコミ誌を見て参加した87歳の婦人は、呉で原子爆弾が飛行機から落ちるところ、それが爆発するところを見たこと、被災者の救護に当たったことなどを詳しく話され、皆で感動して聴き入りました。

感想の中でも、NPT会議やICAN受賞式での写真を銀幕に映し出しての説明が良かった。参加者の発言も良かったなど好評でした。ただ、いろいろ行事も重なったこともあり、48名の参加でした。戦時体験集Ⅲも発行されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です