安倍政権の不誠実さ、ここに極めり

2月16日から税の確定申告が始まった。ところが、国税庁トップの佐川長官が財務省理財局長のときに国会答弁で森友問題で国有地売却に関する交渉記録をすでに「廃棄した」と答弁していたことが虚偽答弁ではないかと問題になっている。今年になり、いろいろな文書が開示されたのだ。しかも、長官就任時も恒例の記者会見もしていない。だんまりをきめこんでいる。麻生太郎副総理兼財務相も国会で追及されるとそれは「応接メモとか面会記録ではありません」という始末で佐川長官を弁護している。そもそもマスコミの一部では、佐川長官が財務省理財局長時代の野党質問に対して、「廃棄した」と言いとおしたことが長官昇進につながったとの見方をしている。未だに佐川長官に対しては何のお咎めなしだ。安倍政権の国会・国民に対する不誠実さがここまできてしまったかと、いままで真面目に確定申告していたが、どうするか怒り心頭である。  ひろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です